頬の毛穴対策、間違っていませんか?

頬の毛穴の汚れや開き、黒ずみ等の原因として、毛穴から通常よりも過剰に分泌される皮脂と、ターンオーバーが正常に機能せず、剥がれ落ちなくて残ってしまう古い角質が挙げられます。

頬の毛穴のお手入れは、個人差こそありますが、常日頃のスキンケアで充分効果があります。ですが、ここで注意していただきたいのは、「常日頃のスキンケア」とは「適正なやり方で行うスキンケア」を意味するということです。

実のところ、頬の毛穴対策に関しては、結構間違った考えが罷り通っているので、今回そのあたりを見ていきましょう。

まず、間違った頬の毛穴対策の代表的なものをいくつか挙げてみます。

@頬の毛穴を清潔にしておくために、表面の汚れをゴシゴシと洗い流す。
A頬の毛穴を毛穴パックを何回も使用して皮脂を除去する。
B皮脂の分泌が多いからという理由で、洗浄力の強い洗顔フォームやクリームを使用する。
C頬の毛穴に詰まった角栓を、力ずくで強引に除去する、等があります。

上記のような方法は残念ながら、頬の毛穴に悪影響しか与えません。

頬をゴシゴシと強く洗うと、汚れが取れてすっきりする印象がありますが、強く洗いすぎると皮膚そのものを傷つけてしまいます。

毛穴パックも同様で、あまりやり過ぎると、必要な皮脂や角質まで落としてしまう事になるため、お肌にとっては非常に良くないのです。角栓や皮脂を、必要以上の力を入れて強引に除去しようとしても却って逆効果になってしまいます。

洗顔フォームやクリームも同じことです。「自分は皮脂の分泌が他の人より多いので」という理由で、洗浄力の強い洗顔フォームやクリームを使うと、お肌に最低限必要な皮脂も除去してしまうため、結果としてお肌は、皮脂が不足しているという信号を身体に送信して、前より多くの皮脂が分泌されてしまうのです。

上記のような間違いを、非常にたくさんの方が当たり前のように行われています。みなさんも充分注意してくださいね。

ページの先頭へ