アンチエイジングでほうれい線消す−しわとアトピーについて

自分は、子供の頃からいわゆるアトピー体質でした。当時はステロイドによる副作用についての情報もまだ浸透していない時代でしたので、常に薬を皮膚に塗っていました。

そのせいかどうかは定かではないのですが、自分の肌は昔から乾燥がちで、けっこう小さい頃から、目の下にしわがありました。

特に夜更かししているわけでもないのに、目の下にはクマのようなものがあって、メイクをしていないとかなり疲れた顔に見られてしまいます。 目の下のしわなど、子供の時は何の気にもならないものですが、さすがに二十歳前後のころになると心配になってきて、いろいろ雑誌やテレビで見聞きしたケアをやってきました。

年齢を重ねるにしたがって、少しずつしわの数も増えてきましたが、何もしないでいると、それこそ高齢になったときにしわだらけになってしまうような気がして、ケアしなかったことを悔やむかもしれないなぁ、と思って、気休めかもしれませんが最近はアイケアを行っています。時間があれば眼の下にパックをするよう心がけて、その上から顔のパックをするようにしています。

その甲斐あってか、最近はしわの部分が少し薄くなったような感じがしています。 ですが、昔からある一番深いしわの部分はやはり手強くて、こればっかりは美容外科等でプチ整形でもやらないと無理のような気がしています。

自分は、若い頃から目の下のしわがあったせいか、二十歳前後のころは、実年齢よりも老けて見られることが多くありました。

現在は年齢相応にみられることが多くなってきたので、もう少しすれば実年齢より若くみられるかも?と訳の分からない(?)期待をして、しわの手入れは特にしなくても良いのかな、と考えることもあったりします。

ですが、そう甘くいく訳はないと自分に言い聞かせて、アイケアだけはずっと続けていこうと考えています。 現在は育児の合間等を見てこまめにアイケアを続けています。やはりこういうケアを続けていると、一種の安心感ができるので、それもお肌にとっていい影響ではないかな、と考えています。

ページの先頭へ