アンチエイジングでほうれい線消す−しわとシミについて

加齢・老化というものは、しわやシミの大きな原因であることは間違いありませんが、最も大きな要因と言えるのは、やはり紫外線と乾燥の2つでしょう。

だからこそ、しわやシミの予防において、UVケアと保湿という2つの対策は、非常に大切なものであるといえます。

今回は筆者の経験談として、シミに関するお話をしましょう。

以前、お肌の角質を除去する効果があるという化粧品を使い始めたことがありました。その頃の自分の肌は、いわゆる「もちもち」という感じだったのですが、ある日、自分の鼻のあたりに大きなシミができているのに気付きました。

自分は昔から、鼻の上を触る癖があったので、それが原因かとも思いましたが、急に発生したこともあり、使い始めた化粧品が原因ではないかと考えました。 でも何故急にシミができたのか、色々調べていくうちにはたと気付きました。

その化粧品はお肌の角質を除去するため、使用した後のお肌は無防備な状態になってしまい、日焼けに対する対策を行う必要があると知りました。ですが、当時外出する際に使っていた下地やファンデーションには、全て日焼け止め効果が入っていたので、また壁にぶつかってしまいました、その時、自分の癖を思い出してハッとしたのです。

自分の癖、つまり鼻の上を触ることによって下地やファンデーションに含まれていた日焼け止めが取れてしまい、その部分が日焼けをしていたのです。シミだと思っていたのは実は日焼けだったのですね。シミ取りの化粧品を使っても全く効果がなかったのも頷けることでした。

その角質除去効果のある化粧品を使うのは止めて、別の商品に変え、いまではシミも殆ど目立たなくなりましたが、化粧品も使い方をひとつ誤ると、いろいろな事象が絡みあって、大変なことになり得ると思い知った出来事でした。

一時期は、病院に行ってシミ取りをしてもらおうと考えた時もありました。シミがコンプレックスで、人から言われる前に、わざと自分からシミのことを先に話したりしていました。

お肌の角質というものは、あまり取りすぎてもいけないものです。実物が手元にないので定かではありませんが、ひょっとしたら、あの時使っていた化粧品の取扱説明書には、「毎日のご使用はお控え下さい」といったような文言が書いてあったのかもしれません。

ページの先頭へ