ほうれい線消す > オリーブオイルでほうれい線を消す!

オリーブオイルでほうれい線を消す!

最近では、食用だけでなく、化粧品にもよく配合されているオレイン酸。 このオレイン酸は、オリーブオイルが名前の由来なんだとか。 酸化しにくく、老化の原因になる活性酸素を作りません。 さらに、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを減らさないと言う研究結果も挙げられています。 よって、生活習慣病の予防策に有効です。
敏感肌化粧水の口コミ | ほうれい線を消す化粧品

また、水分と上手く混ざる乳化作用もあるので、腸内の水分と乳化し、便秘解消にも期待出来ます。 このオレイン酸は、皮膚へのダメージも少ないので、化粧品にもよく使われるようになりました。 肌に潤いを与える成分の約40%がオレイン酸です。 これが不足してしまうと、くすみや肌トラブルの原因になります。 ただ、高保湿力で紫外線を吸収する働きもあるのですが ニキビの元となるアクネ菌を繁殖させる成分でもある為、ニキビが出来ている肌には悪化しやすいものとなるので 注意が必要です。

次の成分は、必須脂肪酸と言われている、リノール酸。 保湿力が高く、血中コレステロール値を下げる働きもありますが 過剰摂取は、肥満やガン、心筋梗塞、アレルギーなどの原因にもなる成分です。 口にすると言う点では、注意しなければならない成分ですが 化粧品で使われる分には、保湿力が高いので優れていると思います。

炎症を抑制する働きもあるので、ニキビ予防、対策としても有効です。 でもこれ、オレイン酸の特徴と矛盾していると思いませんか? そう、実はリノール酸配合の化粧品には オレイン酸が必ず配合されています。 オレイン酸の欠点を補い、強化する役目を、リノール酸が担っていると言う事です。 要するに、オリーブオイルの入った化粧品は、この2つの成分も含まれているのです。

次に、細胞を保護するアルファリノレン酸。 これはアンチエイジングにも効果的とされる、健康に良い油とされています。 人間の体内で合成する事は不可能なので、食事などから摂取する以外ありません。 アルファリノレン酸は、体内でDHAやEPAへと変化し 血液の流れをスムーズにしたり、脳の働きを活性化させるなど、重要な役目があります。 これが不足しがちになると、脳や神経系に悪影響を及ぼします。

また、細胞を保護する為の細胞膜を作っているのも、アルファリノレン酸です。 不足する事で、細胞膜の働きが弱くなり、老化を促してしまいます。 アルファリノレン酸を摂ることで、アンチエイジングに繋がります。 オリーブオイルがアンチエイジングに高い効果をもたらすのは この成分が入っているからと言っても過言ではありません。

次の成分として、ポリフェノールもオリーブオイルに含まれます。 オリーブオイルには、ヒドロキシチロソールと呼ばれるポリフェノールが配合されています。 抗炎症作用や抗酸化作用があり、肌荒れやアンチエイジングに効果的な栄養素です。

次に、抗酸化作用が高く、老化防止にもなるビタミンE。 オリーブオイルは他の油と比較しても、このビタミンEの含有量が、約3~5倍もあります。 と言う事は、その分参加しにくいと言う事になるのです。 細胞が酸化すると、細胞が持つ働きが正常に行われなくなり、老化だけでなく 生活習慣病を招く原因になる事も挙げられています。

ビタミンEを摂る事で、生活習慣病の予防にも繋がり、 血液をさらさらにする働きもあるので、血流も良くなり、冷えなども解消します。 新陳代謝も当然アップするので、肌荒れがなくなったり、紫外線からも保護してくれるので まさにアンチエイジングにはもってこいですね!

スピルリナで細胞から若返ろう

皆さんは、スピルリナと言う言葉をご存じですか? 知っている人の方が少ないのではないでしょうか。 実は35億年以上も前から、この地球上にある藍藻類なのです。 近年、その素晴らしい効果が公認され、アンチエイジングにはマストな栄養素として注目を浴びています。

人間は約60兆もの細胞から作られており、細胞の中心には核があります。 スピルリナにある核酸は、細胞核内にあるDNAと、細胞核内外にあるRNAから成り立つ、 人間の生命活動の基本の役割をしている成分なのです。

この核酸は体内で生成されますが、加齢に伴い、肝臓や腎臓機能が低下し、合成能力も下がってしまいます。 ここスピルリナを摂ると、欠けている核酸を補給し、衰えた新陳代謝もアップしていきます。 よって、老化防止になり、アンチエイジングにも効果的とされているのです。 あと、損傷した遺伝子の修復を行う働きもあり、体内の調整役を担っているのです。

また、スピルリナには、抗酸化作用のあるビタミンCやE、ベータカロテン、クロロフィルなども含まれています。 抗酸化作用とは、体内で生成された活性酸素を破壊する働きがあります。 活性酸素は、細胞を壊し、老化を促す成分なので スピルリナを摂取すると効果的なのは理解出来ますよね。

クロロフィルには、解毒作用があるので、体内の毒素をデトックスする効果もあります。 このクロロフィルは、食物繊維よりも分子が小さく、腸全体を隅々まで綺麗にしてくれるので 便秘対策にも有効と言えるでしょう。 腸は、神経細胞が集中する部分なので、ストレスも受けやすく、非常にデリケートな部分と言えます。 第二の心臓なんて言われ方もするのは、この為です。

ですから、腸が正常に働かなくなると、有害物質=老廃物をためこみやすくなり、 アンチエイジングにも大敵な状態となってしまいます。

エステやスキンケアでアンチエイジングをする事も、もちろん大切な事ですが 体の内側から変えていかなければ、結局意味がなくなってしまうのです。 細胞レベルで若返りを狙う方が、よっぽどアンチエイジング効果が発揮されると言えるでしょう。

成長ホルモンアップでアンチエイジング?!

成長ホルモンは、脳下垂体から、体内の様々な器官へ分泌される事により 身長や筋肉の成長を促進したり、新陳代謝の調整を行ったりと、要するに若さを保つ役割を担っています。 ですので、成長ホルモンの分泌が減ってしまうと、老化を促す事にも繋がるのです。 老化を防止する為には、成長ホルモンは必須要素です。 そこで今回は、成長ホルモンを活発にし、体の内側から若々しさを保つ方法をお話ししていきたいと思います。

成長ホルモンには、成長促進や代謝の働きを活発にするだけでなく 細胞を修復する機能もあります。 運動をすると、筋肉の線維に傷がつきます。 その傷ついた線維を修復する為に、線維芽細胞を増やし、結果成長ホルモンがたくさん分泌されます。

肌のハリや弾力に必要不可欠な、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの成分も この線維芽細胞が作っているので、成長ホルモンの分泌が増加すると、肌のターンオーバーを促し、 ハリや弾力はもちろん、潤いも正常値に保ってくれるのです。

アスリートの方の肌が、いつも綺麗なのは、日頃から運動を日課にしている事で 成長ホルモンがたくさん分泌されているからなのです。 運動不足は成長ホルモンの分泌をさまたげてしまう事にも繋がるので 日頃から、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れながら、適度に体を動かすと良いでしょう。 体の大きい部位の筋肉を使った筋トレをするのもおすすめです。

体脂肪は、中性脂肪が変化したものであり、体脂肪が増加したと言う事は 中性脂肪を分解する働きを持っている、成長ホルモンが、うまく分泌されていないと言う事になるので 増えた体脂肪は、脂肪を燃焼させる運動や食事をする事が大切です。

成長ホルモンを分泌させる為にも、アルギニンと言うアミノ酸が必須栄養素になります。 アルギニンは、豆類や魚、ナッツ類に豊富に含まれています。 また、それらと一緒に、亜鉛やマグネシウムなどのミネラルもあわせて摂取する事で、効果がアップします。 これらは、運動の前後に摂取する事が効果的とされています。

そして、質の良い睡眠をとる事も重要なポイントになります。 具体的には、夜10時から2時の時間帯に寝ておく事、 最低でも6時間の睡眠時間は確保する事、 寝る前に脳を興奮状態にさせない工夫をする事なども注意しましょう。

成長ホルモンの分泌が活発になり、体の成長を促進するだけでなく 疲労回復にもなりますし、肌のターンオーバーも正常に行われるので、美肌作りにももってこいです。

ただ、残念な事に、成長ホルモンは加齢に伴い減ってしまうので いかに成長ホルモンの分泌を増やす努力が、日頃から出来るかどうかによってきます。 成長ホルモンを分泌させる食生活や運動を行う事で、体の中から老化を防ぐ事になるのです。 これを機に、成長ホルモンを増やす事を意識した、アンチエイジング生活をしてみましょう。